FC2ブログ
プロフィール
 

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
神奈川県在住
楽しい晩酌のための
ジム通いが日課

FC2カウンター
 
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
キラキラ星
 
ブログ内検索
 

 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2011年11月27日(日)
2ndチャレンジ!紅葉の丹沢湖マラソン♪<前編>

 
初夏の千歳に続き
L姉さまと2度目のチャレンジは

~がんばれ東北!東日本大震災復興応援イベント~
第33回丹沢湖マラソン!

地元・県内開催の大会、早朝にジム最寄り駅で待ち合わせ
私鉄と大会バスを乗継ぎ
広がる丹沢の山並みと遠くに富士山を眺めつつ
丹沢湖の中央に位置する大会会場である中学校へ
111127a.jpg
前日同様、秋晴れの素晴らしいお天気
111127b.jpg
種目別(ハーフ/10km/6km/3km)年代別に受付
111127c.jpg
‥と思いきや、女子は「全員」にくくられる(笑)
ラン人口が増えたとはいえ、まだまだ女子率は低いらしい
※後日発表の大会完走者の男女比率は2522/894
ナンバーカードとランチップ、大会パンフ
参加Tシャツ、そして「しし汁」一杯引換券!等
一式を受取り無事エントリー完了

地域をあげてのアットホームな行事
学校の校庭がFINISH地点になっているのはもちろん
体育館や校舎が解放され、更衣室や控え室に
更衣室になっている教室の黒板には
ランナーへのメッセージが可愛らしい文字で綴られており
懐かしい校舎雰囲気と暖かい演出に山中の寒さも和らぐ
大会の前はパン派の
姉さまとともに、しっかり腹持ちおにぎり

受付終了からスタートまで2時間近くあっても
着替えや慣れない会場をウロウロしていると
10kmのアナウンスまで、あっという間
荷を校庭の木の木陰に預け
青色ゼッケンの集団と共にスタート地点に向かう
走り始めの混雑がイヤなので、出来るだけ前方へ‥

肌寒い秋空に暖かく太陽が差し込む丹沢湖を横目に
11時‥拍手の音も高らかにスタート!
どこの大会でもそうなのかな?
みんなで拍手ってイイよね~気持ちが高揚する
さぁ!走るぞっ

今回の目標は自己記録更新、そして出来れば50分切り
飛び出して行く選手に急かされながらも
気をつけたのは一定のペースを保つこと‥
丹沢湖のシンボル・永歳橋を渡るあたりで
ようやくスタートの気ぜわしさも解消

湖の周りを囲う幹線道路コース
途中、片側通行の車が対面から来たりして
選手渋滞から抜けるのに苦労したり
日陰と日向で温度差を感じ、肩に力が入ったり
ほんの10kmの間にも変化はある
そんなところがマラソンの楽しさだろうか?
されど10km‥
ずっと同じような風景、アスファルトの足元だったせいか
1km毎の距離表示を確認するまでが長く感じた

それでも
大会では、前に走る選手を目標に出来ること
そして、山中のアップダウンがメリハリとなり‥
何とかゴールの中学校までたどり着いた
今回は千歳の時のように
ラストスパートをかける余裕などなかったが
何とか50分切りは達成出来たようだ

FINISH地点の校庭で姉さまと応援に来ているハズの相方さんを探す
合間を見て受付をしたテントに完走証をもらいに
こちらの大会はゼッケン番号を打ち込みデータ照会後
プリントしてすぐ出してもらえる形式らしく
ボランティアらしき学生さんが「入賞おめでとうございます!」
A4サイズの完走証を打出してくれた
結果は約9分の自己記録更新、年代別の入賞
素直に嬉しい

12時を告げる鐘
姉さまも自己記録更新でゴール!
代謝の活発な姉さまは、この季節でも太陽の暑さで汗びっしょり
顔面蒼白だったが‥徐々に回復、問題はなさそうで安心

貴重品をピックアップし荷物も無事に回収
そしてここでようやく相方さんと合流
大会の交通規制でバスがほとんど動かなかったらしい‥ご苦労さまー
10kmの表彰式、初めての表彰台
TVで目にする国際大会などは表彰は3位までだし
大会によってバラつきはあるようだが丹沢湖は8位まで
ながーい表彰台に若干の違和感を感じつつも
賞状とトロフィーをありがたくいただく‥
朝ランの成果、報われた瞬間
111127d** 111127d*
しかし‥「栄光を讃える」って大げさじゃね?

さて‥お楽しみはこれから!
長文になってしまったので‥<後編>に続く‥
スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/26(Mon) |  |  | Edit
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。