プロフィール
 

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
神奈川県在住
楽しい晩酌のための
ジム通いが日課

FC2カウンター
 
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
キラキラ星
 
ブログ内検索
 

 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2008年12月17日(水)
生きる力

 
1ヶ月ほどご無沙汰しました

今シーズンは早くからスキーモード全開で
11月の頭には神田スポーツ用品街に繰り出したりして
来たるシーズンに向け、ウキウキしていたのですが
その矢先に‥事件は起きました


りんが怪我をしました
その場に私は居なかったのですが
背中を強打したのが原因らしいです

レントゲンでは分からず、MRIを撮って判明したのですが
背骨骨折→脊髄損傷→下半身麻痺‥に
数日間は食欲もなく排泄もままならず弱ってしまい、
最悪の事態も考えました

検査のたびに小さな身体に繰り返される麻酔、
そして4時間に渡る大手術‥
ステロイド剤にリハビリ‥入院は20日間にもおよび
その間、残されたマロも寂しさからか
毛布などを引きちぎるなどの破壊行動(?)も‥
家も気持ちも荒れました

退院後もおむつなど、要介護になるであろうと‥
諦めと覚悟はしていました
が!若さか生命力か‥パートナーであるマロの存在も助けになってか
始めは歩くことすらままならなかったりんが、
ほんの半月で走れるようになり、椅子にジャンプが出来るように!

2kgそこそこの身体に秘めるパワーに驚きが隠せません
「手術しても治る見込みは限りなく少ない、でもゼロじゃない」
という獣医師先生の言葉は本当でした
奇跡、とまでは言わないけど『生きる力』を信じてよかった
私もこの仔から多くの力をもらいました

それでも普通の仔に比べれば、まだまだ不自由なりん
出来るだけのサポートするから、
これからも元気いっぱいで居て欲しいと思ってやまない飼主でした

記事にするべきか否か迷いましたが
この仔達をおいて、先はナイですものね‥
報告が遅くなりごめんなさい、ご心配をおかけしましたm(_ _)m


手術日の朝のマロりん
スキーシーズンは少し寂しい思いをさせるけど
マロりんが一緒なら、大丈夫‥よね?(^^;;;
スポンサーサイト
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。