プロフィール
 

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
神奈川県在住
楽しい晩酌のための
ジム通いが日課

FC2カウンター
 
小さな天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
キラキラ星
 
ブログ内検索
 

 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2015年06月10日(水)
[2015.06]新緑の道東旅行~別海→釧路編

 
昨夜までの荒れた天気も落ち着き、雲間から日射しも
雨で潤いを得た新緑が爽やかに彩る朝

一晩休んだものの、腰の痛みは継続中
むしろ‥痛みがましているような?
着替えやシューズを履くのもひと苦労


予定していた北海道恒例・パークゴルフは
腰痛と雨上がりの足場の悪さのため中止
最終日はお土産探しと空港までのドライブに変更
2015chitose_04a.jpg

みずみずしい牧草はウシさんにもご馳走?
2015chitose_04b.jpg
長いながい道が続く
休憩がてら、車を止めて写真撮影〜
2015chitose_04c.jpg
北太平洋と琵琶瀬湾を望む「霧多布岬」
正式には湯沸岬(とうふつみさき)
またトッカリ(アザラシ)が見られることからトッカリ岬とも

2015chitose_04d.jpg
荒波が打ち付ける断崖絶壁
2015chitose_04e.jpg
相方さん曰く‥映画のワンシーンのような「湯沸灯台」
2015chitose_04f*
稜線上の歩道を進む
2015chitose_04g.jpg
厳しい自然だからこそ、織りなせる優しい色彩
美しい波打ち際のグラデーション
マニアックだが‥日本画家・杉山寧の卒業制作『海女』を彷彿とさせる
2015chitose_04h.jpg
ひと懐っこいおウマさん
2015chitose_04i.jpg
ランチは<厚岸味覚ターミナル コンキリエ>
炭火焼 炙屋で厚岸名物・牡蠣&北海道の幸をいただく
2015chitose_04j.jpg 2015chitose_04k.jpg
食後のソフト

脳に糖分補給し気持ちを落ち着けたところで‥職場に
この身体では、とても立ち仕事はムリ休暇をいただく
遊んで身体壊して‥なんとも情けない


<釧路フィッシャーマンズワーフMOO>
<和商市場>にてお買物&お土産タイム
Nっちは職場と自宅に海の幸を大量に購入&輸送
2015chitose_04l.jpg
道東旅行の〆はお決まりの<釧路湿原>
くしろ湿原ノロッコ号・カヌーも魅力的な地だが
最終日のタイムロスは危険
展望台から温根内木道のはしっこを往復30分ほどお散歩
2015chitose_04m.jpg
無事にレンタカーを返却し<たんちょう釧路空港>
2015chitose_04n.jpg
空港3階<レストラン たんちょう>にて
ご当地B級グルメ「ザンギ」をツマミに乾杯〜
無事行程を終え、ひと安心
2015chitose_04o.jpg
天候に乱れもなく、予定通りADO機で羽田へ‥

歩くのが精一杯な腰の傷みを押してでも‥引き込まれる大自然
何度来ても楽しい北海道
来シーズンはどこに行こー?


スポンサーサイト
 
 

2015年06月09日(火)
[2015.06]新緑の道東旅行~ウトロ→別海編

 
薄曇りの知床の朝 
思わしくないのはお天気だけではなかった‥
背中?腰‥に 重々しい違和感! 
朝風呂に行けばなんとかなる!なんて甘い考えは叶わず
皆が起きるまで布団の中で違和感→痛みに耐える 

それでも悲しいかな、食欲は衰えないもので
ヨタヨタしながら朝バイキングはガッツリ

今日は移動しながらの観光がメイン
午後から天気が崩れる予報‥途中、降られないといいな
重たい身体で荷作りを済ませ、定刻通りチェックアウト
2015chitose_03a.jpg 
6月から解禁された「カムイワッカ湯の滝」
カムイワッカとは、アイヌ語で神の水/魔の水という意味
2015chitose_03b.jpg 
知床を代表する秘湯、天然の大温泉
活火山・知床硫黄山の中腹から湧き出る温泉が
川に流れ込み、川全体が流れる温泉に 
2015chitose_03c.jpg 
水陸両用のシューズを持参
岩場は思いのほか滑らないようで、ひょいひょいと川登り
楽しそうだなぁ腰の傷みさえなければ‥
2015chitose_03d.jpg 
解放されているのは一の滝まで
落石の危険があるので、上流は立入禁止
調べてみると‥四の滝まであるようだが
2015chitose_03e.jpg
 
透明度の高い硫酸泉
魚はもちろんコケも生息していない
肌が弱い人は長いこと浸かると赤くなることも
少し暖かいかな?温水プールほどの水温
2015chitose_03f.jpg

未舗装の道道93号線
途中エゾリス、エゾシカに出会う
2015chitose_03g.jpg
知床五湖
2015chitose_03h.jpg
ヒグマ活動期のため平成22年に造られた高架木道
知床五湖フィールドハウスから往復1.6kmの散歩
強風に飛ばされそうになりながら3つの展望台をクリア
2015chitose_03i.jpg
熊出没注意!ヒグマ好物(?)の熊笹が生い茂る 
次回は原生林に点在する五湖をゆっくり散策してみたい

知床五湖を後にし、知床横断道路を経由して羅臼へ

途中、霧に包まれ視界が悪い‥運転手はヒヤヒヤものだが
高低差の気圧変化か腰痛から来る熱があるためか‥
後部座席でウトウト安全運転に感謝!

2015chitose_03j.jpg
<道の駅 知床・らうす><知床食堂>にて昼食 
「羅臼昆布ラーメン」身体が暖まりホッとひと息
しかし‥麺をすすると、腰に‥響く!つ・ツラい
2015chitose_03k.jpg
ご当地名物?「知床鶏の串焼き」「ウニ丼(ミニ)」
本場で食べてもウニは割高‥

根室海峡を左にみながら雨のドライブ
野付半島・ドドワラを目指す
2015chitose_03l.jpg
<野付半島ネイチャーセンター>から長く続く平坦な道
2015chitose_03m.jpg
別海十景に選ばれている
この世の果て‥と呼ばれる「トドワラ」
海水の浸水と潮風によってトドマツ林が立ち枯れたもの
2015chitose_03n.jpg
荒涼とした景色が広がる
雨も強くなり体温を奪われ‥寂寞感が増す
2015chitose_03o.jpg
荒れれば一体化してしまいそうな‥海抜の低い野付半島

野付半島を後に
本日のお宿<べっかい効楽苑>を目指す
途中‥夕飯を予定していた<ドライブイン ロマン>
というのも‥ここの名物「ポークチャンプ(700g)」は
焼くのに1時間半かかるので、事前連絡が必要だったから
‥が!
定休日でもないのに、やってない
この雨のせいだろうか、事前から予約しておくべきだった
今日は身体も予定も踏んだり蹴ったりである

とりあえず宿に入り、モール温泉で冷えた身体を休める
諦め切れない相方さんが調べてくれた代替案
せっかくの北海道、何か美味しい物が食べたいと‥
電話確認後<ジャンボ 双葉>(元・双葉寿司)

田舎の居酒屋のような店内は
平日の夜というのに地元の団体客2〜3組くらいで大盛況
空いているのは通されたカウンター席だけ
2015chitose_03p.jpg
まずはビールとおススメメニュー
お寿司屋でパスタ?なんでもアリ(笑)でも‥美味し〜い
2015chitose_03q.jpg
別海名物「ほたてバーガー」
3Lのホタテと付け合わせのドレッシング、バンズも美味
そしてジョッキ牛乳サラっとした飲み口
さすが本場は違う!
2015chitose_03r.jpg 2015chitose_03t.jpg
イケメンでちょっとシャイそうな、店主オススメ
この時期だけの「シラウオ」大きな「いかげそ」
ご当地ならではの食べごたえ、3人とも大満足
2015chitose_03s.jpg
お寿司屋さんに来たならば‥と握りを〆に
すこし甘めのシャリと優しいネタがとろける
値段もお手頃、接客も付かず離れずの‥良いお店

外は雨が降り続き、腰の痛みも引かなかったけど‥
思いがけない出会いで1日を気持ちよく過ごした感じ
天候が悪い中の長距離移動、お疲れさまな3日目


明日は最終日〜お天気回復するといいな



 
 

2015年06月08日(月)
[2015.06]新緑の道東旅行~女満別→ウトロ編

 
札幌ターミナルから北見・美幌を経由して
早朝5時40分、ほぼ定刻通りに女満別西通りに到着
約5時間、300kmのバスの旅‥
3列シートでゆったり快適空間だったけど
備え付けの毛布だけでは肌寒く‥熟睡できずの朝 

まずは近くのコンビニへと逃げ込み
カイロがてらのHOTドリンクを購入

朝食を網走湖の湖畔で!の予定はあっさり却下
寒さに凍え‥暖の取れそうな<女満別空港>行きを選択
2015chitose_02a.jpg
いつもなら大した距離とは思わぬ4.4kmの道程
目的地の見えない不安と寒さ、荷の重さが体力を奪う
2015chitose_02b.jpg
やっとの思いで空港に到着 
が‥到着便の少ない女満別空港は解錠されておらず
1時間近くベンチで待機
ときどき顔を見せる太陽が唯一の恵み 
すっかり冷えた缶コーヒーと昨夜買っておいた焼鳥
千歳マラソンの参加賞スイーツでエネルギー補給

風邪を引きそうになる寸前‥空港が開き
館内でありがたく身体を休める
それからまた1時間後、ようやくレンタカー屋さんへ
2015chitose_02c.jpg
今回お世話になるのはSUZUKI「SOLIO(ソリオ)」
車内は風もなく暖かで‥ようやく3人の表情が緩む
2015chitose_02d.jpg
女満別空港からシーカヤックの待ち合わせ場所である
約1時間半のまったりドライブ 
2015chitose_02e.jpg
途中、休憩がてら無人駅に立寄り
2015chitose_02f.jpg
駅を抜けた先にはオホーツクの大海原
遠くに知床半島が霞んで見える
2015chitose_02j.jpg
知床八景の1つ「オシンコシンの滝」観光
 ちなみに他、7ヶ所は‥
 ・オロンコ岩
 ・夕陽台
 ・プユニ岬
 ・フレペの滝
 ・知床峠
 ・知床五湖
 ・カムイワッカの滝
今回は何ヶ所回れるかしら?

午後から6時間、シーカヤックをお願いしていたのだが
夜行便での体力の消耗と睡眠不足で‥計画変更
ギリギリとは思いながらも<ノーザンライツ>さんにアポ
快く承諾してくださり、助かった!感謝感謝〜
2015chitose_02h.jpg 
道の駅うとろ・シリエトクにて昼食タイム
Nっちは知床海鮮丼、相方さんは蝦夷鹿肉のソースカツ丼
私は知床羅臼産特大ホッケ定食
ようやくお腹も落ち着いて‥写真撮るの忘れた〜
食後にはお決まりのソフトクリーム

カヤックまで時間が出来たので
本日の宿泊先<知床第一ホテル>
ひろ〜いロビーラウンジにて一同、休息‥着替えetc
その姿を見かねてか、ちょっと早いチェックインのお声がけ
ありがたいー


食事と休憩で気力体力を取り戻し
3時間遅れのカヤックスタート
着替えから用具の説明まで
ガイドの矢代さんがテキパキと指導いざ出航〜 
2015chitose_02k.jpg
ピンカンのお天気ではなかったが
波も穏やかで気持ちのいいカヤック日和
今回は3人乗り、息を合わせてパドルを進める

2015chitose_02mjpg.jpg
断崖絶壁に思わず息をのむ
空では水鳥のバトルあり、気持ち良さそうな姿もあり
2015chitose_02n.jpg
海から見る「フレペの滝」
知床連山に降った雨と雪が地下に浸透し
約100mの断崖の割れ目から流れ落ちるという仕組み
2015chitose_02l.jpg 
今年は暑くなるのが早く木々達は初夏の装い
奥に望む山々にはここ数日の寒さで降った新雪
夏と冬が違和感なく共存する
日本が誇るべき世界自然遺産・美しい知床
2015chitose_02o.jpg
果てしない水平線と雄大な空
大海原に揺られ‥
2015chitose_02p.jpg
初・シーカヤック無事に帰還
川や湖と違った難しさもあって‥一同ヘトヘト
一方、慣れたガイドさんはテキパキと身軽にお片づけ

時間の融通を聞いてくれたり写真を撮っていただいたり
知床に来たらまたお願いしたい方でした 



ホテルに戻り
海に沈む夕陽を露天風呂から眺めてひと息 
長い一日のお待ちかねは‥
北海道の恵が満載!の夕食「マルスコイ」バイキング
2015chitose_02q.jpg
カニを始めとした海の幸はもちろん
中華メニューなども充実〜
2015chitose_02r.jpg
驚いたのはデザートのバリエーション
全種類制覇は出来ませんでしたが大満足


1日の〆は3人分のお洗濯
大きなホテル内の移動で食べ過ぎたお腹を落ち着かせ
再びお風呂で身体を暖めて‥長い2日目が終了
 
 

2015年06月07日(日)
[2015.06]みんなで10km!新緑マラソンin千歳♪

 
今年もやって参りました!6月恒例・千歳マラソン
早いもので31回大会から5回目
10km→ハーフ→フル→ハーフ‥で、今回は初心に戻って10km
相方さんNっちと3人で足並み揃えて参戦 


10kmレースは受付〜10時、12時半スタートなので
早朝の飛行機で新千歳空港入り
2015chitose_01a.jpg
新千歳空港と言えば‥素通りできませんね
北菓楼「夢の国ドーム」
2015chitose_01b.jpg
時間がズレているので例年のような混雑なく会場へ 
緑のトンネルがお出迎え空気が美味しい
2015chitose_01c.jpg
エントリー完了ようやく荷を下ろしひと息
2015chitose_01d.jpg
出走までには時間があるので
物販をみたりテーピングをお願いしたり‥
2015chitose_01e.jpg
和太鼓や自衛隊ブラス、MCも賑やかにランナーを応援
10時エントリーとは言え、2時間半は持つに長い
ようやく1時間半前11時、恒例のおにぎりタイム
「朝市食堂」高菜おにぎりが旅疲れの冷えた身体に染みる



PB更新&入賞を目標に2人を列の途中に残し
前方からのスタート 
2015chitose_01e* 
スタートダッシュは苦手‥後方の選手に遅れるも
いつもの事と冷静に脚を運ぶ

未だ完治しない有痛性外脛骨に容赦なく砂利が絡み付き
太陽はいつのまにか雲から出て水分を奪う
10kmは給水が6-7km地点のみ‥ペーズダウンを嫌ってスルー
都市型ガーミンの数値はめちゃくちゃで(笑)
とにかく前に前に‥走り抜けました
2015chitose_01f.jpg
少し前で競っていた選手2人には
十数秒及ばず昨年に続き、入賞は逃しましたが
PBを60秒更新!し
各種目の記録を3年かけて千歳で

2015chitose_01g.jpg
Nっちの予想タイムを目指してFinishレーンで観戦
すると‥先に現れたのは
半年前から足底筋膜炎を発症し走れなくなった相方さん
お決まり余裕・花道ダッシュ!はなかったものの
重くなった身体で意地をかけた走りちょっと感動‥
2015chitose_01h.jpg
数秒後にNっちも爽やかにゴールし、お疲れさんな二人
2015chitose_01i.jpg
10kmもここ5年で一番レベルが高く入賞はおあずけ‥
また次回、ここに来る理由が出来ました

参加賞の「インカの目覚め」がなくなってしまったし
抽選会も何故か10kmは対象でなかったので‥
簡単にシャワーで汗を流し、すすきのへ
2015chitose_01k.jpg
夕飯の開始まで時間があったので
駅直結の<十勝ちーずまるしぇ>にてカマンベールソフト
これが想像以上に美味しくて食事前だというのにペロリ
2015chitose_01l.jpg 2015chitose_01m.jpg
そして珍しい!と期待の<北海道しゃぶしゃぶ ポッケ>
札幌は肌寒かったので暖かいのはありがたかった‥が
味が全体的に濃く、肉は食べ応えがなく
最終的にラーメンで〆なさい的な大味な感じ
それでも、それなりに食べましたが(笑)‥ちょっと残念

今夜は夜行バスで移動なので
翌朝の買出しをし、洗濯物をランドリーに預け
<極楽湯>で一旦休憩  
2015chitose_01n.jpg 
バスの時間を間違えまたまた時間があったので
夜の札幌カフェ<MINGUS COFFEE>
2015chitose_01o.jpg
日曜の22時過ぎで街は車も少なめだというのに
このお店は別世界女子グループや常連客で、ほぼ満席
 2015chitose_01p.jpg
ちょっと得した気分でターミナルに戻ると
こちらも旅人たちで賑わって静かな活気
 2015chitose_01q.jpg 
そして「
ドリーミントオホーツク号」は定刻通り発車し
羽田から始まった3人の長い一日が終了


明日からは知床〜釧路、道東旅行〜
 
 

2012年06月04日(月)
[2012.06]新緑の道央旅行~NISEKO→洞爺湖編

 
今朝も気持ちの良い青空
ホテルから新緑のスキー場を望む‥
120604a.jpg
朝風呂、朝食(やっぱりイモが旨い)を早々に済ませ‥
120604b.jpg
昨夜に配車済みの「TOYOTA新型ラクティス」をお供に
後半戦へと出発!
120604d.jpg
遠くに見えるは目的地近く、えぞ富士「羊蹄山」
まだ頭には雪が残って‥赴き深い
120604e.jpg
ドライブの途中、ラジオから昨日の千歳大会のニュース
エントリーは12323名、実際走ったのは10000名強だったらしい
大きな大会だったんだなぁ‥という実感と共に
終わってしまった寂しさを改めて‥
120604f.jpg
本日のメイン・イベント
<ニセコアドベンチャーセンター>
尻別川を下るダッキー体験
初ダッキーのNっちも上手にパドルを操り
相方さんは途中アウトもしたが、3人とも無事に帰還

写真は関係者が撮ってくれたのだか‥
人物写真、数枚データが4000円近くとお高かったためスルー
しかし、戻ってきた今となっては‥
みんないい表情だったし、買っておけば良かったと少し後悔
120604f*
お昼はいまや北海道名物の‥スープカレー
<つばらつばら>初めてのお店、リサーチなくドキドキ
120604f**
季節野菜のスープカレー メニュー名は失念
辛さが選べるのが楽しい
スープというだけあって、以外にあっさり
ほどよく疲れた身体に優しいナイスチョイスなランチ
こちらにコーヒーがついて1,300円は高いか安いか?
120604g.jpg
ニセコののどかな田園風景
120604h.jpg
初めて来た時はこちらでキタキツネに会ったなぁ‥
120604i.jpg
広大な草原、日射しは強いが爽やかな空気‥
120604j* 120604j.jpg
食後のアイス!と記憶を辿り、車を走らせた先は‥
<ニセコーチーズ工房>
120604k* 120604k.jpg
こちらが本命!<ニセコフロマージュ>
どうしてもNっちにオススメを食べさせたくて
まさかのソフトはしご!
120604m.jpg
<洞爺湖>到着〜平日のせいか‥人気が少ない
120604l.jpg 120604l*
さすがは温泉地!土産屋の一角に「手湯」
120604o.jpg
そして湖畔には「足湯」
120604p.jpg
観光船が遠くに霞んでみえる
120604q.jpg
可愛らしいお花畑が洞爺湖の春(初夏?)を彩る
120604n.jpg
石碑?
120604s.jpg
今夜は<洞爺 湖畔亭>でお泊まり
お風呂入って旅の疲れを癒した後は‥ディナーバイキング
お待ちかねの冷えたビールで乾杯〜
120604r*** 
食事処からも美しい洞爺湖の夕暮れ‥贅沢じゃのぅ
120604t*** 120604u*** 
北の恵を堪能 
120604x.jpg
もちろん〆は甘味もね
120604z.jpg
食後には洞爺湖ロングラン花火大会
まだ肌寒い北海道の夜、足湯に浸かりながら鑑賞する人も
30分の短時間だが、平日でも楽しめるのは嬉しい
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。